refcheck
 
 本ツールはPADS Layoutと接続し、レイヤ表示とグリッドコントロールをサポートするツールです。
 シーエィディプロダクトから【PADS Standard】または【PADS Standard Plus】を
 ご購入いただきますと、無償でご提供させていただきます。

 
 インストールマニュアル(PDF)

 動作環境
   PADS Layout 9.0 以降のバージョンで動作いたします。

 
         
  
 機能説明
  PADSLayoutにOLE接続し、レイヤ情報とグリッド情報を取得します。

  1 レイヤ表示のON/OFF
    「画面表示色を定義」の「レイヤの表示」のチェックと同様の機能です。チェックを外したレイヤは表示されません。
    * 「層構成を定義」内の「非電気層」の「有効/無効」で「使用可能」のチェックが外れているレイヤは、リストに表示されません。


    
 
 
 2 可視属性表示
    「画面表示色を定義」の「可視属性制限」と同様の機能です。
    「可視」にチェックが入っていると、「Lay」のチェックが外れているレイヤはリストに表示されません。

 
    
 
 
 3 設定内容
    「画面表示色を定義」の「設計内容」を表示します。

    

 
 4 グリッド
    登録されているグリッドサイズを選択しますと、Layoutの各グリッドサイズが変更されます。
     * グリッドサイズ登録数は無制限に登録できます。
     * グリッドリストの順番は、使用した順に入れ替わります。
     * グリッドリストに直接グリッドサイズを入力し「Enter」でグリッドは変更されますが、グリッドリストに登録されません。
     * Layout ⇔ 部品作成 で画面を切り替えた場合、グリッドサイズは更新しませんので、グリッドサイズを選択しなおしてください。
     * ALLのチェックが入っていますと、「設計」、「ビア」、「表示」のいづれかのグリッドを変更した場合、
      他のグリッドも同サイズに変更されます。